漫画を描くための道具の種類はたくさんある

スポンサードリンク

漫画描くために必要なことといえば当たり前ですが、漫画を描く
道具
を用意しなければなりません。何は無くとも「」と「ペン」が要りますね。このペンにも種類がたくさんあります。丸ペンやGペン、
かぶらペンなどですね。これらを用途によって使い分けが必要となります。ロットリングペンは、枠線などといった均一の線を描く際に必要な道具です。ロットリングペンではなく、烏口という道具を使っている方もたくさんいらっしゃいます。

ペンの次にくるのは、インクでしょう。漫画を描くために以前は
製図用インク証券用インクというものが一般的に使用されていましたが、現在では漫画専用インクというものが市販されているので
そちらを使うといいでしょう。

定規も使われる種類が多い道具です。直線定規や雲形定規
自在曲線定規というのもあり、また今、挙げた定規以外にもたくさん
あります。

漫画といえばベタ塗り。そのベタを塗る道具は「」ですね。ベタだけでなく着色するためにも使いますので、さまざまな太さのを用意しておくと便利ですよ。

漫画を美しく仕上げる道具であるスクリーントーン

漫画の道具で忘れてならないのがスクリーントーンです。このスクリーントーンは漫画を美しく仕上げるには必需品です。
スクリーントーンをカットしたり削るための道具も必要ですね。
それとトランサーというのもスクリーントーンをこするためには必要な道具です。

SPONSORED LINK


漫画を描く道具としてパソコンでのイラストレーションソフトも増えてます

漫画を描く際に最近は、ペンや紙ではなくイラストレーションソフトを使う人も非常に増えてきてますね。
パソコン
で全てをやってしまえるのである意味、かなり便利だといえますね。


SPONSORED LINK